プロフィール

フォトアルバム

crazy sniper

世の中をすこし見方を変えたり、切り口を変え、立ち位置を変えて、見ようと思います。愚痴や文句が無くなるのが先か、寿命が尽きるのが先か、終活中の年寄りです。     終活内容=ブログ. 絵手紙、水墨画、写真、パソコン、写真フィルムのデジタル化

アクセスランキング

cal

  • 単位計算
  • 日めくり

« 愛党心と民進党 | メイン | 最近の安倍首相のいただけない行動 »

2017年2月18日 (土)

高梨沙羅の凄さ

初勝利は15歳、中学3年生の時でした。それから、わずか4年11か月。

53勝の最多勝利記録に並んだ高梨選手は、圧倒的な強さで勝利を重ねて

きました。

レジェンド葛西紀明 44歳は現在で17勝+3回団体優勝である。

このスポーツの選手生活は怪我も多いが、単純計算しても将来100勝は

超えるのではないかと思う。

彼女がまだ選手生活初期の頃の練習を覚えているが、踏切にタイミングと姿勢、

体幹の保持を何度も何度も二人で練習していたのを思い出す。

他にもバレーダンスの訓練をしていたそうだが、それも今の彼女の選手生活を

支えているようだ。

自然が相手のスポーツだから、体力だけではこれ程の成績を残せないであろう。

常に変化する風の向き、風の強さを読み、計算して体を風に乗せる事の

難しさは、頭も良く無ければ出来ないだろう。

その上インタビューのコメントはいつも控えめで、いかにも日本人らしい

言葉だ。

初期の頃、父親がインタビューすると言って自分の営業する焼肉屋に記者達を

呼んだが、父親の目的は自分の焼肉屋を宣伝してほしいとの頼み事で、その上

親父に5000円も会費として取られたという事件であった。

遠い所から駆け付けた人達(30名位)は唖然としたという。

普通の人間なら、日頃娘がお世話になっている人達に自分の焼肉屋の宣伝を

頼むのなら、無料で焼肉を振る舞って当たり前の事なのだが、そういう親

だから、今後彼女がどういう活躍をするか知れないが、あの親にしてこの子

有りという事に成らない様、この事件の事が再び出てこない様に、親も、

本人も十分心に留めて置くべきだ。

娘の名声を汚すような事は二度とやってほしくないものだ。またやりそうな

気もする親だが。

53勝目の最後のスタート

Photo

コメント

コメントを投稿